追記 ワークショップ「和綴じ手帖をつくる」

9月9日(土)開催の「ブックスボックス田原書店」店主・手製本作家の田原洋朗さんを講師としてお招きしたワークショップ「和綴じ手帖をつくる」の補足説明です。

制作サイズ 99×210mm(A4サイズの3分の1)・洋紙128頁(ページ)

表紙となる布と紙は講師自身が用意した、一点物の中からお好きなものを選ぶことができます。(上記画像の中の写真も田原さんの制作した作品です。表紙の布の選び方でかなりイメージが変わりますね!)


表紙を開いた時一番上にくる「見返し」の紙、「扉」の紙。こちらも色々ご用意致します。特に「見返し」の紙は表紙の布とのマッチングで色んな表情に変化します。ぜひ自分好みの組み合わせで選んでみてください。


今回制作する「和綴じ」の方法は伝統的な和本を綴じる方法とほとんど変わりがありません。ただ、本文用紙を「和紙」ではなく「洋紙」にすることで、初心者の方にも簡単に仕上がるようにしてあります。


素材・道具は全てこちらで用意します。

当日、筆記用具のみご持参お願い致します。


完成品は当日そのままお持ち帰り頂けます。

ご自身で製本する特別な手帖。

田原さんが所有するどこか懐かしく、雰囲気の良い表紙の布もとても魅力的です。

お申込み受付は終了いたしました

ワークショップの定員までまだ少し空きがございます。気になる方はお早めに…。

お申込みはこちらまで

011-210-8401(ペーパーショップサクマ)

店頭で直接お申込み頂いても構いません。

ペーパーショップサクマPAPERSHOP SAKUMA

0コメント

  • 1000 / 1000